衣替え

6月1日は衣替えだったんですよね。
制服を着なくなって長いので、うっかりしていました。
今年は結構涼しいので、制服なんかだと夏服じゃ寒かったんじゃないでしょうか^^;

何の気なしに日本で生活しているので、当たり前の習慣になっていますが、衣替えは日本特有のものだそうです。

元々は平安時代の頃の宮中行事で、当時の中国の風習に倣い、旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えるものでした。
これを「更衣」と呼びましたが、「更衣」というのは役職の名前でもあります。
天皇の衣装を調える女官が「更衣」です。
源氏物語の光源氏のお母さんが、この更衣(桐壺の更衣)ですね。

衣替え(更衣)で女性が手に持つ扇も、桧扇(ひおうぎ=檜製)から蝙蝠(かわほり=紙と竹製の扇)へと持ち替えたそうです。
桧扇は現在でも皇族方が平安装束を身につけられる時に、手にお持ちになっています。
蝙蝠は今でいう扇子です。(というか、扇子の原型?)

綺陽会さんのこちらのページで、桧扇と蝙蝠の画像が見られます。

江戸時代になると衣替えが年4回になり、武家の制服は
・4月1日~5月4日が袷(あわせ-裏地のついた着物)
・5月5日~8月末日が麻の単衣の帷子(かたびら-裏地の無い着物)
・9月1日~9月8日が袷
・9月9日~3月末日が綿入れの小袖
(月日は旧暦)

明治時代に入って現在のように、夏服が6月1日~9月30日・冬服が10月1日~5月31日となりました。

Filed under: 色々,雑のーと — えるる 12:35 AM  Comments (0)

東北関東大震災

3月11日の当日からそろそろ2ヶ月近く経ちました。
もう随分時間が経ったというのに、まだ落ち着いた感じがしませんね。
まだまだ問題があまりにも山積みで、復興に向かっている感じがあまりしないせいでしょうか。

今更ではありますが、被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
命を落としてしまわれた方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
本当に微々たるものではありますが、先日支援物資を送らせて頂きました。
(無事に届いてるのかが気にはなりますが・・・)

余りにも大きかった被害に呆然としましたが、レスキュー隊や自衛隊、アメリカ軍などの海外の救助隊が現地に入り救援活動が行われています。
TVなどでは余り報道されていないようですが、自衛隊の公式サイトこちらで画像が見られます。

アメリカ軍は今回の救助活動に「Operation Tomodachi」という作戦名をつけ動いていました。
その作戦名を日の丸に刺繍し、ワッペンにしたものをお礼に作った方がいらっしゃるそうで、それがとても好評だったとか。
ニュースと画像はこちら →MSN産経ニュース
暗いニュースが多いので、こういうニュースを見かけると少し和みますね。

大分減ったとはいえ余震が続いている状態です。
一応気象庁でも「まだ大きな余震が発生する可能性はある」と発表していますので、まだまだ気を抜いちゃいられませんね。
地震ですっかり霞んでしまっていますが、新燃岳も噴火していましたし・・・

何より霞んでしまっているのは、3月12日に起きた長野と新潟の地震でしょうか。
岩手・宮城・福島の被害が凄すぎたのか、長野と新潟でも大きな被害が出ているのに、殆ど報道で見た記憶が無いなぁ・・・と。
そうしたら先日たまたまツイッターで流れてきたURLを飛んでみたら、アンサイクロペディアではありますが詳しく書かれていまして・・・
長野・新潟の地震についてはこちらなんですが、むしろ嘘であって欲しいなぁ~と思います。><

Filed under: 色々,雑のーと — えるる 5:12 AM  Comments (0)

バレンタインとチョコレート

14日はバレンタインでしたが、元々はキリスト教の聖人・聖ウァレンティヌスの殉教の日です。
ウァレンティヌスは恋人たちの守護聖人として信仰されていたため、2月14日は世界的に「恋人たちの愛の誓いの日」とされています。

国によって色々違いがあり、日本のバレンタインは「女性が好意をよせている男性にチョコレートを贈り好意を伝える日」という感じで、この形に定着したのは1970年代ごろのようです。
欧米では男女問わず「恋人や親しい人に花・ケーキ・カードを贈りあう日」といった感じのよう。
特殊なところでサウジアラビアでは、バレンタインは全面禁止の違法行為とされていますので要注意です。

ちなみにホワイトデーは日本独自のイベントで、1980年代にできたんだそうです。
日本からの影響で、台湾・中国・韓国の一部でもホワイトデーが行われているとか。

バレンタインにチョコレートを贈ったり、ホワイトデーにキャンディーやマシュマロを贈ったりするのは、お菓子会社の陰謀(?)という説が有力です^^;
バレンタインチョコに関しては、起源がはっきりしないようで色々説はありますが、Wikiによると以下になります。

・1936年(昭和11年)の神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説
・1958年(昭和33年)のメリーチョコレート
・1960年(昭和35年)の森永製菓
・1965年(昭和40年)の伊勢丹
・1968年(昭和43年)のソニープラザ(現在のPLAZA)説

1936年の神戸モロゾフ説は英字新聞での広告だったようですが、戦前から既にバレンタイン=チョコレートの広告があったんですね。
モロゾフ公式サイトには「1932年にバレンタインチョコレートを発売」と書かれています。
メリーチョコレートの公式サイトでは「ヨーロッパではバレンタインデーといって、男女が花やカードやチョコレートを贈りあう習慣がある」とあります。

Wikiのキャドバリーのページには「1868年、キャドバリー社は美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売。
後にバレンタインデーにチョコレートを恋人へ贈る風習のきっかけとなった。」という記述がありますが、出典がはっきりしていないようです。
キャドバリーの公式サイトにも特に記述はありませんが、検索してみた限りではこちらが発祥とされている模様。
他の国々では日本ほどチョコレートというこだわりは無く、ざーっと調べた限りでは男性から女性へ花束を贈るのが多いみたいですね。

チョコレート以外だと、バレンタイン前って編み物女子が増えませんでしたか?w
今でもやる人居るんでしょうか^^;

Filed under: 色々,雑のーと — えるる 9:20 PM  Comments (0)