キルト キルトあれこれ

刺繍関連の検索をしていたらキルトのサイトが引っかかったのでお題にしてみました。

キルトとは、基本的に2枚の布地の間に綿をはさみ込んで縫ったものです。
発祥はヨーロッパで、寒冷地での保温を目的として作られ、十字軍の頃には既に服などに用いられていたようです。

アメリカでは余った小さな布を有効活用するために作られていたそうですが、産業革命(18~19世紀)の後、生活にゆとりが出来るとともに装飾性が求められるようになったとか。
南北戦争時(1861年~1865年)にキルトのモチーフを使い、暗号文を作成したという伝説があるんだそうです^^;

刺繍と同じように地域で発展していったものが多く、世界中に色々なキルトがあります。
メジャーなのはハワイアンキルトでしょうか。
有名なのはこの方ですね^^;

その他にボルチモアキルト(上から8番目の画像がボルチモアキルトとの事ですがすごい綺麗です!)
アーミッシュキルト(アーミッシュとは、ペンシルベニア・オハイオ・インディアナ州に居住する、ドイツ系アメリカ人の方々を指すようです)
ジャパニーズキルトも有りますが、日本におけるキルトは生活に根差して発展したものではなく、趣味の範囲なのだそうです^^;

Filed under: キルト,雑のーと — えるる 6:48 PM  Comments (0)