刺繍4 カロチャ刺繍とマチョー刺繍

カロチャはハンガリーの南部に位置する小さな街の名前です。
ハンガリーでは「マチョー刺繍」というのもあって、これは主に東部で伝わったものだそう。
(ちなみにマチョーは3つの街からなる地方の名称なんだそうです。)

両者ともに検索して画像をみると、お花をモチーフにしたカラフルで華やかなものが多いです。
観光のお土産として大きく扱われているようですね~。

カロチャで使われる刺繍糸は、日本の刺繍糸と比べると縒りが強く太いため立体的な風合いが出るんだそうです。
木綿の生地に刺繍をあしらい、生地の端をかがりカットワークでレースのような風合いにするのが特徴です。
マチョーは土台となる生地が黒なのが特徴になるようです。

ハンガリーの民族衣装を見てみると、刺繍がみっちり施されてとっても華やかです。
スカートからエプロンから刺繍が盛りだくさんで、いかにも「晴れの日の衣装」という雰囲気を感じます(´∀`)

こちらのサイトさんにカロチャ刺繍の民族衣装の画像が載っています。
同じページにある他国の衣装と比べると本当にカラフルで華やかです。

関係無いですが、ルービックキューブってハンガリーの方の発明品なんですね
Wikiで見て初めて知ったんですが、ルービックキューブの色合いってどことなく刺繍と近い気がするのはちょっと強引でしょうか^^;

Filed under: 刺繍,雑のーと — えるる 2:34 PM  Comments (0)

旗9 旗日

今ではなかなか見かけなくなっていますが、「国民の祝日」には玄関先に国旗を掲げるのが普通でした。
家の玄関先に旗をさす金具も付いているのが普通でした(´ω`)ゝ
私が子供の頃住んでた古い家にもついていたのを覚えていたりします

国民の祝日とは
・元日-1月1日 年のはじめを祝う。
・成人の日-1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
・建国記念の日-政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
・春分の日-春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
・昭和の日-4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
・憲法記念日-5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
・みどりの日-5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
・こどもの日-5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
・海の日-7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
・敬老の日-9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
・秋分の日-秋分日 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
・体育の日-10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
・文化の日-11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
・勤労感謝の日-11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
・天皇誕生日-12月23日 天皇の誕生日を祝う。

ちなみに終戦の日(8月15日)には半旗を掲げるしきたりがあるんだそうです。
祝日に日の丸がはためいていた記憶はかすかに有るんですが・・・終戦の日は記憶に無いです・・・(汗

祝日の意味って小学校などでは「明日は何の日ですか?」という話が先生からあったのを覚えているんですが、大人になると思い返すきっかけって中々無いですね^^;

Filed under: ,雑のーと — えるる 2:14 AM  Comments (0)