刺繍12 刺繍切手

2000年にスイスで、世界で初めて作られたそうです。
(2004年には、木で作られた切手がスイスで発行されていたり・・・スイスの切手、ちょっと面白いですw)

その後、他の国でも続いて刺繍切手を発行しているんだそうです。
検索するとHITしやすいのはハンガリーでしたが、これは刺繍の図案が印刷された普通の切手みたいですね。
コレクションしてる方が結構多くいらっしゃるみたいです。
確かにきれいで可愛い感じの切手なので、集めるだけでなく飾って楽しめそうです。

スイスの刺繍切手は、本当に布に刺繍したものがちゃんと切手になっています^^;

aramaki.comさんのこちらのページに刺繍切手の画像があります。
シンプルだけど可愛い色合いで、これはちょっと欲しくなっちゃいますね(´ω`*)

スイス・イタリア・オーストリアの刺繍切手はお花のデザインですが、グレナダとセントビンセント・グレナディーンとガンビア等で発行された刺繍切手は、これはテディベアでしょうか?
これもまたすごく可愛くて、なんだか面白いですね。

ちなみにオーストリアの刺繍切手のお花はエーデルワイスで、オーストリアの国花だそうです。

上記のサイトのaramaki.comさんは、他にも沢山珍しい切手の画像があってとても楽しかったです♪

Filed under: 刺繍,雑のーと — えるる 12:18 PM  Comments (0)

イグノーベル賞

今年はノーベル化学賞に2人、日本人受賞者がありました。
米パデュー大学の根岸英一教授と、北海道大学の鈴木章名誉教授のお二人です。
理数系離れが顕著と言われていますが、興味を持つ人が増えていけばいいですよね。
読んでも研究内容の詳細は、私には理解できませんでしたが(汗

そしてノーベル賞と同時期に発表される、イグノーベル賞。
解りやすさから言えば、イグノーベル賞の方が面白さがある分、入りやすいかもしれません^^;

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞という事で1991年に創設されました。
丁度来年で20年目で、本家のノーベル賞とは90年程違いがあります。
(ちなみに本家ノーベル賞は1901年創設です)
何気に日本人受賞者が多数いらっしゃいます^^;

有名なところですと、2002年のバウリンガルで平和賞受賞でしょうかw

そして今年も受賞者が出ておりまして・・・受賞なさったのは、はこだて未来大教授の中垣俊之教授のグループで、「粘菌が最適な鉄道網を設計できることを見つけた」との事で「交通計画賞」を受賞しました。
今回中垣先生は2度目の受賞で、2008年に粘菌に迷路を解かせる研究で受賞しています。

Wikiの受賞者一覧で今までの受賞者と受賞理由が見られます。
なかなか面白いですよ・・・ブラックなものもありますが^^;

Filed under: 色々,雑のーと — えるる 9:12 AM  Comments (0)