刺繍16 アラヨロシュ刺繍

アラヨロシュ刺繍はポルトガルの伝統刺繍の一つです。
ポルトガルの都市アラヨロシュで発展した刺繍ですが、元々は遊牧民から伝わった絨毯刺繍なのだとか。
絨毯やタペストリーなどが主で、粗い織りの生地に毛糸で刺していきます。

イスラム系の遊牧民からもたらされたと言われているそうなので、711年のウマイヤ朝のイスラーム遠征軍の頃でしょうか。

アラヨロシュで発展していったのは、その辺りで羊が多く飼われていたからだそうです。
ちなみにこの辺りでは、羊料理も名物になってるとか^^;

アラヨロシュ刺繍の本を出していらっしゃる、高橋紀世子さんのサイト「外国の刺繍・絨毯・織物との出会いを求めて」で画像を見ることができます。
こちらのページで、古典柄の絨毯やタペストリーが見られます。
当然といえば当然なんでしょうが、何となくデザインがペルシャ絨毯の雰囲気と似てる気がします。

 

ポルトガル刺繍のページ」さんは、上記の高橋紀世子さんの生徒さんでいらっしゃるようです。
とにかく画像がたくさんあって、色々なアラヨロシュ刺繍の作品を見ることが出来ます。
刺し方の紹介ページもあります。
ぱっと見簡単そうなステッチで、あれほど緻密な文様が作りだされているなんて不思議ですね。

Filed under: 刺繍,雑のーと — えるる 2:54 AM  Comments (0)