衣替え

6月1日は衣替えだったんですよね。
制服を着なくなって長いので、うっかりしていました。
今年は結構涼しいので、制服なんかだと夏服じゃ寒かったんじゃないでしょうか^^;

何の気なしに日本で生活しているので、当たり前の習慣になっていますが、衣替えは日本特有のものだそうです。

元々は平安時代の頃の宮中行事で、当時の中国の風習に倣い、旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えるものでした。
これを「更衣」と呼びましたが、「更衣」というのは役職の名前でもあります。
天皇の衣装を調える女官が「更衣」です。
源氏物語の光源氏のお母さんが、この更衣(桐壺の更衣)ですね。

衣替え(更衣)で女性が手に持つ扇も、桧扇(ひおうぎ=檜製)から蝙蝠(かわほり=紙と竹製の扇)へと持ち替えたそうです。
桧扇は現在でも皇族方が平安装束を身につけられる時に、手にお持ちになっています。
蝙蝠は今でいう扇子です。(というか、扇子の原型?)

綺陽会さんのこちらのページで、桧扇と蝙蝠の画像が見られます。

江戸時代になると衣替えが年4回になり、武家の制服は
・4月1日~5月4日が袷(あわせ-裏地のついた着物)
・5月5日~8月末日が麻の単衣の帷子(かたびら-裏地の無い着物)
・9月1日~9月8日が袷
・9月9日~3月末日が綿入れの小袖
(月日は旧暦)

明治時代に入って現在のように、夏服が6月1日~9月30日・冬服が10月1日~5月31日となりました。

Filed under: 色々,雑のーと — えるる 12:35 AM  Comments (0)

焼き物2 遡って土器。

陶器の元というか、原型というか大元ですよね。
日本は遺跡が多く、土器の欠片などは貝塚へ行けば意外と落ちてたりします。

自宅から歩いていける距離に貝塚がありますが、子供の頃に土器の欠片を見つけたことがありますw
勿論そのまま置いて帰りましたが、持って帰るとお化けが出るよ!と言われていました^^;

日本で土器が作られるようになったのは縄文時代からと言われ、今から約1万6,500年前から約3,000年前までが「縄文時代」とされています。
発掘されたもので日本最古といわれているものは、青森県蟹田町の大平山元(おおだいやまもと)遺跡から出土した、約16,500年前の土器片だそうです。
他にも長崎県福井洞穴で出土した、豆粒文(とうりゅうもん)土器は約12,000年前という測定結果が出ています。

縄文時代の長い年月の間に土器の形状などに変化があり、その変化に沿って草創期・早期・前期・中期・後期・晩期に区分されます。
こちらのページの中ほどで、区分ごとの土器の画像が見られます。
元々は、発見された土器の表面に縄の文様がついていた事から「縄文土器」と呼ばれるようになりました。
煮炊きするための器、食物を貯蔵するため器として使われていました。
今でいうお鍋とタッパーみたいなものでしょうか^^;

ちなみに土偶が作られたのも、縄文時代からです。

Filed under: 焼物,雑のーと — えるる 3:08 PM  Comments (0)