焼き物2 遡って土器。

陶器の元というか、原型というか大元ですよね。
日本は遺跡が多く、土器の欠片などは貝塚へ行けば意外と落ちてたりします。

自宅から歩いていける距離に貝塚がありますが、子供の頃に土器の欠片を見つけたことがありますw
勿論そのまま置いて帰りましたが、持って帰るとお化けが出るよ!と言われていました^^;

日本で土器が作られるようになったのは縄文時代からと言われ、今から約1万6,500年前から約3,000年前までが「縄文時代」とされています。
発掘されたもので日本最古といわれているものは、青森県蟹田町の大平山元(おおだいやまもと)遺跡から出土した、約16,500年前の土器片だそうです。
他にも長崎県福井洞穴で出土した、豆粒文(とうりゅうもん)土器は約12,000年前という測定結果が出ています。

縄文時代の長い年月の間に土器の形状などに変化があり、その変化に沿って草創期・早期・前期・中期・後期・晩期に区分されます。
こちらのページの中ほどで、区分ごとの土器の画像が見られます。
元々は、発見された土器の表面に縄の文様がついていた事から「縄文土器」と呼ばれるようになりました。
煮炊きするための器、食物を貯蔵するため器として使われていました。
今でいうお鍋とタッパーみたいなものでしょうか^^;

ちなみに土偶が作られたのも、縄文時代からです。

Filed under: 焼物,雑のーと — えるる 3:08 PM  Comments (0)