2010年もあと少し

今年の冬は寒いですね!
年末年始もかなり冷えるようなので、初詣や初日の出は大変かもしれません。
でも一度くらい、除夜の鐘をついてみたい気がしますw

除夜の鐘は仏教における年末恒例行事といえますね。
108回の回数は煩悩の数である、というのは有名だと思いますが、いくつか説があるようです。

まず煩悩の数であるという説。
「六根」といわれる、眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)
人の五感と、第六感も含めたものを六根というんだそうです。
そしてその六根それぞれに、好(こう/気持ちが好い)・悪(あく/気持ちが悪い)・平(へい/どうでもよい)の3つがあるので6×3=18となります。

更にその18にまたそれぞれ、浄(じょう)・染(せん/汚い)があり、18×2で36
この36が、前世・今世・来世とあり36×3で108となります。

次が1年を表すという説。
月の数である12と、二十四節季の24と、七十二候の72を足した数が108となります。

そして四苦八苦という説。
四苦八苦を数字に直し、4×9=36 8×9=72 36+72=108となります。
四苦八苦の煩悩を取り払うという意味があるとかなんとか。

つき方の決まりもあるそうで、強弱を交互に各々54回ずつ。
107回までは旧年中に、そして最後の1回は新年になってからなんだそうです。

子供の頃から毎年TVで見ていた光景ですが、そんな決まりがあるとは今まで知りませんでした^^;
せっかくだから行って並んでみるのも、たまにはいいかも知れませんね。

Filed under: 色々,雑のーと — えるる 11:24 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>