チェコビーズ

先日ホームセンターに行ってきたんですが、ビーズコーナーの品揃えが良くてびっくりしましたw
私が基本的に使うのは大体スワロフスキーなので、他のビーズは滅多に買わないのですが、大体一緒にチェコビーズやボヘミアンビーズ等が近くに陳列されていることが多いです。
使ったことは無いものの、気になってはいたので調べてみました。

チェコビーズはチェコ共和国で作られたビーズの総称です。
ヴェネツィアンガラスがルーツであると言われていますが、9世紀頃のモラヴィア帝国で装身具としてガラスが使われており、それが後のボヘミア王国へ受け継がれ「ボヘミアンガラス」として発展しました。
17世紀後半にはソーダ灰の代わりに木灰を使うカリガラスが開発されました。
透明度が高く硬いため、ガラス彫刻や切子などに適しているそうです。
ボヘミアンビーズとチェコビーズは、このカリガラスで作られています。

チェコビーズで有名なのは、ファイヤーポリッシュといわれる加工されたものです。
ファイヤーポリッシュというのは、カットされたビーズの表面をを高温で溶かして丸みを出すものです。
お店で見た限り、樽?のような感じの形のものが多かったと思います。

検索するとファイヤーポリッシュに集中している感じですが、普通にカットされたままのシャープなビーズもあるそうなので、今度はもっと注意して見てこようと思います^^;

ちなみに、ボヘミアンガラスの美術館が軽井沢にあるそうです。
軽井沢ボヘミアンガラス美術館
ちょっとかなり行ってみたいです・・・w

Filed under: ビーズ,雑のーと — えるる 5:35 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>